【FF14】AoEの当たり判定の検証考察

http://ff14promemoria.com/blog-entry-47.htmlここの記事で検証をして思ったこと。

この後全種族のターゲットサークルを調べてみましたが全て同じ大きさでした。
普通に考えたら当然ですね!種族によって大きさを変えてしまうと有利不利が出来てしまいます。

ララフェルの場合は、ターゲットサークルの中央から足が一切出ないため、ターゲットサークルを表示しないとAoEに入っていないのにダメージを食らった!と言うことあります。逆にルガディンの場合は、ターゲットサークルの中央から足がはみ出ているためAoEを踏んだのに当たらなかった!と思うこともあります。

AoE

ララフェルだとこの位置に立っているとAoEに足が入りませんが当たります。

AoE

逆にルガディンだと上の位置ですと思いっきり足がAoEに入りますが判定はありません。

慣れてくるとターゲットサークルを表示しなくても「ここは当たる!」「ここは当たらない!」と分かってくるので無駄な移動を減らすことによってDPS向上にもつながるかもしれません。(滅多にAoEギリギリに立っている事なんてないと思いますが・・・)

また何か気になることがあったら検証してみたいと思います!





「AoE」の関連記事

他サイトさんのFF14関連記事


スポンサード リンク

スポンサード リンク